2005年12月24日

記念日に最適!絶品フレンチ@ル・メイユール

メリークリスマス☆ みなさまいかがお過ごしでしょうか?
西麻布のル・メイユールにやってまいりました。
クリスマスイブということで予約でいっぱい。
案内されるまで、お店の向かいにあるバーで待つよう指示されます。
駅から徒歩8分と、冬の寒気の中歩いてきた凍えそうな私たち。
ホットワインホットウーロン茶のサービスあり。やさしい気遣いです。体を正常に戻しつつ、時間を待ちます。

さて、いよいよ店内へ・・・

↓↓よろしければ1日1クリックお願いします↓↓
人気blogランキングへ

入り口すぐには巨大なワインセラー(透明ガラス張り)が待ち受けています。

サービスでシャンパンが振舞われ
いざコースSTARTです。

本日の1口オードブル
Meilleur 1.JPG
キッシュ生地にチーズが入ったもの。
かなり濃厚なチーズの香り。これはワイン好きの方にはたまらないでしょう。

ランド産鴨のゴアグラムースのトリュフ風味と宮城産有機赤ピーマンのムースのパルフェ
Meilleur 2.JPG
ピーマンの甘みがやわらかなムースからふわっと広がります。
口当たりのよい、とろけちゃいそうなムース。
お皿上下に半月状に飾られたトマトのジュレソースが美味です!
フォアグラムースは濃厚で、ピーマンムースとあわせるとまた不思議な味わいが楽しめます。

オホーツク産極銀鮭のマリネとイクラ添えサラダ仕立て
Meilleur 3.JPG
見てください! 
この盛り付け! とても華やかで、かわいい!
クリームソースと鮭・イクラ・アスパラ・キャベツ・・・それらで何通りもの組み合わせが楽しめます。
さらにお皿周囲に飾られたバジルソースを絡めて、、、と。かわいいだけでなく優秀な一品です!


ホロホロ鳥のクネル入りコンソメスープ
Meilleur 4.JPG
透明度が高いですが、濃いコンソメスープ。
凝縮されたうまみが楽しめます。

三陸産鮑と才巻き海老の白ワイン蒸しサバイヨンソース キャビア添え
Meilleur 5.JPG
手前クリーム色のソースと奥の黄色のソース。
これがもーどちらも美味! 海老もプリプリでおいしいのですが、なんつーかソースが、

お皿舐めてしまいたいほど、美味。 なんです。

お口直し〜グレープフルーツのソルベ
(写真摂りそびれました。ワイングラスに盛り付けられていました)
人生で食べた中で一番おいしいソルベかも。
こんなに繊細なソルベは初めてです!
さっぱりした口当たりで、ジューシーなのに後味がふっと消えます。

さて、いよいよメインです!!!



メインは以下の2品よりセレクト制。
*蝦夷鹿のポワレリンゴのキャラメリゼ添え
*米沢黒毛和牛ロースのグリル


私は迷わず黒毛和牛ロースをオーダー。
これが大正解!
Meilleur 6.JPG

お肉を噛むたびに、口の中に

じゅわっ じゅわっ と、肉汁があふれだす・・・。


まるで「美味しんぼ」に出演しているかのような気分です。
脂身のようなものは見えないのに、肉と肉の間からあふれ出します!
まさに絶品
見た目は普通の肉料理ですが、

焼かれる前は それはそれは見事な霜降りちゃんだったのでしょう。 と確信できます。
 
じゅわ、と沢山感じたくて、噛んで噛んで噛んで・・・とじっくり堪能しました。
こんなにかみ締めても肉の臭みなど一切なし!
とろけるようなお肉ってのもいいけど、
口からなくなるのが惜しくなる美味さ という体験は初めてです。

"メイユール風お皿に乗せたブッシュ・ド・ノエル"バルサミコ風味イチゴのタルト ピスタチオアイス添え
Meilleur 8.JPG
ピスタチオのアイスはかなり濃厚!
中にはクランチされたピスタチオも入っていて、濃厚な味とサクサクした食感を楽し
めます。
イチゴのミルフィーユ
これもまた美味しい。バターの風味がしっかりあって、甘すぎません。
サクサクと軽い食感で、しつこくない。コースの締めくくりにぴったりです。

最後にコーヒーor紅茶小菓子(オレンジピールやナッツがトッピングされたチョコレート&マカロン)がついてきます。


ちなみにこちらで予約すると、オリジナルクッキーBOX がひとり1個いただけます

このクッキーがまた、美味です。
紅茶の絞り出しクッキー&くるみ入りココアのクッキー。
とくにココアのクッキーがオススメ。濃厚でほろっと口解けいい!
家に帰っても、あの幸せな時間を思い出せるステキなプランです。

オススメですよぴかぴか(新しい)

SHOP情報
ル・メイユール (広尾)
東京都港区西麻布4-22-7 グランディアビルB1F

posted by ゆきな at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レストラン(麻布・六本木) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。